ケアマネ 勉強 50代

心のやさしいあなた、他人に親切なあなた!に贈る
ケアマネ試験情報サイトです。
 家事と仕事の両立で、勉強が思うように進まないと悩んでも・・・
 解説テキスト買ったけど、予想問題がいいのか、過去問が良いのか、不安でも・・・
 試験の日が近づいてきて、今の勉強が不安でも・・・

解決策はかならず、あります!!

一つ信頼できる教材を、自分の置かれた環境で、勉強してみませんか?


保健医療サービス分野・総合分野

 

  • ケアマネの勉強は50代でも可能です。
  • ここでは、第16回ケアマネ試験概要についてお話します。
  • 保健医療サービス分野・総合分野です。

 

問題を眺めると、例年の出題傾向にあまり変化がないことが伺えます。
過去問に基本テキストで大丈夫といったところでしょうか。

 

問題37は、在宅療養支援診療所についての問題です。
往診や訪問診療、訪問看護を行うため、ケアマネジャーはしっかりと理解しておく必要があります。

 

あくまでも訪問診療の対象者は施設入所者ではなく、
在宅生活者であることを理解しておく必要があります。

 

問題41をみると、認知症についての問題です。
BPSDとアルツハイマー病についてでした。

 

BPSDは認知症の中核症状ではなく周辺症状であることを覚えておいたほうがいいですね。
問題44は口腔機能維持管理加算の算定要件についての問題です。

 

口腔機能維持管理体制加算と混同しやすい問題です。
口腔機能維持管理加算は、入所者に対し口腔ケアを月4回以上行った場合に算定できます。

 

以上、簡単ですが、全部をしっかりとというよりも、解答を
消去法などで、あぶり出す事もでき、やり方を問題集などで

 

練習されておいたらいいと思います。

 

 

 

 

50代のお父さん・お母さん、がんばって下さいね。

 

 

 

ケアマネ勉強50代トップページへ戻る

 

ケアマネ勉強50代トップ

 

関連ページ

介護支援分野
ケアマネの勉強は50代でも可能です。ここでは、第16回ケアマネ試験概要についてお話します。介護支援分野です。
福祉サービス分野
ケアマネの勉強は50代でも可能です。ここでは、第16回ケアマネ試験概要についてお話します。福祉サービス分野です。